mapion
Q88-31-1.gif ガンダマー・ドットコム
新着記事

2005年08月26日

艦船データ ボズゴロフ級潜水母艦

■ボズゴロフ級潜水母艦

Nジャマー影響下では、潜水艦の運用が有効である為、ザフトの海上部隊は
潜水艦が主戦力となっており、通常の艦艇所持数は、ごく僅かである。
それらの事を考慮に入れ開発されたのが、この巨大な潜水母艦である。
艦首に4本のドライチューブを持ち、1本あたり2機の水陸両用MSを収納可能。 
甲板には「モビルスーツ支援空中機動飛翔体グゥル」等のVTOL機用に4基と、
MS用に3基の発進用ハッチや展開式の垂直リニアカタパルトを装備している。 

全長:約270m

□武装
○『対空ミサイルポッド』x12
○『魚雷発射管』x12

●クストー

地上でのクルーゼ隊及びザラ隊の母艦。

●ボズゴロフ

オーストラリア北部のカーペンタリア基地に配属のマルコ・モラシム隊の旗艦。
アークエンジェルとインド洋上で2回戦火を交え、最後はMS発進の為浮上し、
その隙を突いたスカイグラスパー1号機のアグニによる攻撃で撃沈された。

●ニーラゴンゴ

カーペンタリアからペルシャ湾にあるマハムール基地へ向かうミネルバの
護衛にあたっていた。
その際、地球連合艦隊の奇襲を受け、アビスガンダムの攻撃で撃沈した。
 
●セントヘレンズ

ジブリールを匿うオーブ攻略作戦である「オペレーション・フューリー」に参加し
潜水航行したアークエンジェルの攻撃により旗艦ともども撃沈されしまった。
posted by ギルバート・デュランダル at 07:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

艦船データ コンプトン級大型陸上戦艦

■ コンプトン級大型陸上戦艦

本体基本構造は、レセップス級大型陸上戦艦と同じであるが、
キャタピラを使用して移動する装軌式を採用している為、
スケイルモーター式で、活動の中心が砂漠地域に限定される
レセップス級と比べ活動範囲が広い。

全長:230m

●ユーレンベック

『エンジェルダウン作戦』の旗艦を務め、
ウィラード隊やミネルバとの見事な連携作戦で、
テロリストの旗艦であるアークエンジェルを追いつめ、
結果、ミネルバ所属のインパルスが
フリーダムガンダムを撃墜する事に成功する。
posted by ギルバート・デュランダル at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

艦船データ レセップス級大型陸上戦艦

■レセップス級大型陸上戦艦

主に砂漠地帯で運用されるザフトの大型陸上戦艦でメインを含め
計15基もの発進用ゲートも備えているので、
多数のMSや攻撃ヘリ等を搭載し運用可能である。
船体は、船底が砂中に没する半没式構造を持ち、底部全面に配された
ウロコ状の推進装置「スケイルモーター」で砂を振動・液状化させて移動を行う。
船底の表面積を広く設計した事で砂中で高い浮力を得る事が可能になっている。
スケイルモーターによる海上航行も可能ではあるが、
海洋戦力は潜水艦が中心となっており、実際に海上で運用される事はあまりない。

全長:約250m(地上露出部のみ)

●武装
○『40cm2連装砲塔』x3
○『垂直ミサイルランチャー』x32
○『チャフ・フレア・スモークディスペンサー』x34
○『砂漠魚雷発射管』x10
○『対空機関砲』多数
○『側部ターレットゲート用オプション』


●レセップス (艦長:バルドッフェルド、副長:ダコスタ)

親プラント国家アフリカ共同体首都バナディーヤを拠点に
ゲリラ掃討等にあたっていた「砂漠の虎」こと
アンドリュー・バルトフェルドの指揮するバルトフェルド隊の旗艦。
バルトフェルド艦長が、MS等で出撃する時は、副官のダコスタが指揮を執る。
アークエンジェルが勢力圏内に降下してきた時は、2回交戦したが、
タルパティア工業地帯跡地での戦闘で敗北し大破し 
バルトフェルドの指示によりダコスタ以外のクルーは全員退艦した。
その後ダコスタは、レセップスをジャンク屋ロウ・ギュール一派に横流しした。
そして、ジャンク屋の手により改修作業が行われ、武装は全て排除され
変わりに作業用クレーン等が取り付けられた。
ジャンク屋一派は「レセップス・リファイン」とリネームしたこの船で海上を移動し
オーブへと向かった。

●デズモンド(艦長:ヨアヒム・ラドル)
 
連合軍ユーラシア連邦管轄の工業地帯ガルナハン攻略の最前線基地である
マハムール基地に配属されているラドル隊の旗艦。
カーペンタリアからジブラルダル海峡に向かう途中のミネルバや
現地のゲリラとの共同で、地球軍の火力発電プラントを守る目的で、
基地とガルナハンを結ぶスエズ渓谷に設置された
連合の陽電子砲台「ローエングリンゲート」の攻略に当たった。

posted by ギルバート・デュランダル at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

艦船データ ビートリー級中型陸上戦艦

■ビートリー級中型陸上戦艦

レセップス級と同じく艦底部のスケイルモーターで移動する中型の陸上戦艦。

全長:約194m(地上露出部のみ)

●武装
○カノン砲×2
○2連装対空砲×4
○垂直ミサイルランチャー×16
○チャフ・フレア・スモークディスペンサー×14
○砂漠魚雷発射管×4



●ビートリー

「砂漠の虎」アンドリュー・バルトフェルド隊に所属する艦。
旗艦レセップスと共にアークエンジェルとタルパティア工業地帯にて戦闘になり
スカイグラスパー1号機の「アグニ」による攻撃で大破した。

●ヘンリーカーター

バルトフェルド隊に所属する艦。
レセップス、ピートリーと共にアークエンジェルを迎え打った。
搭載機のVTOL戦闘機インフェストゥスと共に背後から奇襲をかけ
アークエンジェルを追い詰める事に成功したが、
2機のスカイグラスパーの攻撃を受け轟沈した。

●バグリィ
マハムール基地のラドル隊に所属する艦。
旗艦のレセップス級デズモンドやミネルバ、現地のレジスタンスと共に
スエズ渓谷の連合軍陽電子砲台「ローエングリンゲート」攻略作戦に参加した。
posted by ギルバート・デュランダル at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

艦船データ オーブ海軍イージス艦

■オーブ海軍イージス艦

オーブ海軍所属のイージス艦。
飛行能力を持つMSを一時的に搭載可能な設計で
高い航空機運用能力と攻撃力を併せ持つ艦船である。
その能力から、オーブ海外派遣部隊旗艦タケミカズチの
対空防御を担っている。

全長:約200m
posted by ギルバート・デュランダル at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

艦船データ オーブ海軍クラオミカミ級護衛艦

■クラオミカミ級護衛艦クラミツハ

オーブ海軍所属の護衛艦で、やや旧式ではあるが主力艦として運用されている。
海外派遣にも使用され旗艦である空母タケミカズチの護衛に当たるなどし
ザフト軍と交戦している。

全長:約150m

posted by ギルバート・デュランダル at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

艦船データ ガーティ・ルー

■ガーティ・ルー(艦長イアン・リー少佐)

特殊部隊である地球連合第81独立機動軍の母艦。
ザフトのセカンドステージMS奪取任務を受けアーモリーワンを襲撃した。
ザフトは、当初この艦の所属を特定出来ず、便宜上「ボギー1(ワン)」と呼称した。
ユニウス条約で禁じられたミラージュコロイドを装備し、隠密作戦を得意とする。
コロイド展開中は熱を発生する主推進機関を使用できないので、
両舷に装備したタンク内の低温ガスを噴射して移動する。
また、上部のロケットアンカーで艦体係留や小惑星等に打ち込んで転進する事も可能。
最新艦であるザフトのミネルバにも劣らぬ速力を誇る。

全長:約380m

○主砲:『225cm2連装高エネルギー収束火線砲 ゴットフリートMk71』x6
○対空機関砲:『75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン』x16
○ミサイル発射管x38:・対艦隊ミサイル『スレッジハマー 』
           ・対空防御ミサイル『コリントスM114』
           ・対空榴散弾頭『ウォンバット』
○爆雷:『アンチビーム爆雷』

艦載機:『ZGMF-X24S カオスガンダム』(スティング)
    『ZGMF-X31S アビスガンダム』(アウル)
    『ZGMF-X88S ガイアガンダム』(ステラ) 
posted by ギルバート・デュランダル at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

艦船データ ミネルバ

■ミネルバ LHM-BB01(艦長タリア、副館長アーサー)

戦後、ザフトがアーモリーワンで建造したセカンドステージシリーズMS運用母艦。
セカンドステージシリーズMSに無線でエネルギーを供給する為の
デュートリオンビーム発信機を艦橋両側に装備している。
艦体前部の巨大な主翼は折り畳み可能で、展開して大気圏内での飛行に使用する。
両舷カタパルト以外にブリッジ前部にインパルス各パーツ専用カタパルトがある。
戦闘時に安全確保の為にメインブリッジを
下部CICルームに下降させ装甲シャッターで遮蔽が可能。

QZX-1タンホイザーはザフト初の艦載陽電子砲であり、その威力は艦載砲史上最大級である。
また、2連装ビーム砲XN47トリスタンはミネルバの主ビーム砲で、ブリッジ左右に1基ずつ
装備されており、艦載ビーム砲最高水準の連射性能を持つ。
42センチ3連装砲M10イゾルデは通常は艦内に収納されているが、
地上戦での超長距離射撃における威力は絶大である。


全長:約350m

○特装砲:『QZX-1 陽電子砲 タンホイザー』
○主砲:『XM47 2連装主ビーム砲 トリスタン』x2
○副砲:『M10 42cm3連装副砲 イゾルデ』
○対空機関砲:『40mmCIWS』×12
○ミサイル発射管:・宇宙用ミサイル『ナイトハルト』
         ・地上用ミサイル『パルジファル』
         ・迎撃用ミサイル『ディスパール』
○爆雷:『アンチビーム爆雷』
○魚雷管×4:『ウォルフラムM25 魚雷』

艦載機:『ZGMF-601R ゲイツR』
    『ZGMF-1000/M ブレイズザクウォーリア』(アスラン)
    『ZGMF-1000/A1 ガナーザクウォーリア』(ルナマリア)
    『ZGMF-1001/M ブレイズザクファントム』(レイ)
    『ZGMF-X2000 グフイグナイテッド』(ハイネ)
    『ZGMF-X23S セイバーガンダム』(アスラン)
    『ZGMF-X56S インパルスガンダム』(シン、ルナマリア)    
    『ZGMF- X42S デスティニ−ガンダム』(シン)   
    『ZGMFーX666S レジェンドガンダム』(レイ)    

●ブリッジクルー
艦長:タリア・グラディス
副長:アーサー・トライン
操艦:マリク・ヤードバーズ
火器管制:チェン・ジェン・イー
索敵:バート・ハイム
通信管制:メイリン・ホーク⇒アビー・ウィンザー

●メカニック
チーフ:マッド・エイブス
ヨウラン・ケント
ヴィーノ・デュプレ
posted by ギルバート・デュランダル at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

艦船データ エタ−ナル

■エターナル FFMH-Y101(艦長ヴァルトフェルド)

 

前大戦時に、艦首にフリーダム、ジャスティスの強化武装のミーティアを装備するなど
フリーダム、ジャスティスの運用、サポートの為にザフトが設計、建造した高速戦艦。
クライン派の手により運用され、戦後はデブリ帯の岩石に隠匿されており
今大戦でもラクスの旗艦となっている。

艦載機:『ZGMF-X19A インフィニットジャスティスガンダム』(アスラン)
    『ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム』(キラ)
    『ZGMF-X88S ヴァルトフェルド専用ガイアガンダム』(ヴァルフェルド)
    『ZGMF-XX09T ドムトルーパー』(ヒルダ・ハーケン)
(マーズ・シメオン)
(ヘルベルト・フォン・ラインハルト)
posted by ギルバート・デュランダル at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

艦船データ ア−クエンジェル

■強襲機動特装艦 アークエンジェル(艦長マリュ−、副艦長アマギ一慰)

 

特殊兵装や特殊装甲を採用するなど地球連合軍の技術を結集し
連合初のMS母艦としてオーブの資源衛星ヘリオポリスで建造された高速戦艦。
停戦後はオーブの地下秘密ドックにてフリーダムと供に修理を受け隠匿されていた。
その時に潜水航行機能や「天使湯」という名の温泉施設などの増設が行われた。
また以前からあった機能なのかは不明だがエンジンユニットの分離が自爆が可能。
再び訪れた開戦と、ラクス暗殺事件をきっかけに前大戦のクルーが集結し
さらには、オーブから拉致したカガリやオーブ軍の逃亡兵も加わり
再び戦争を止めるために各地紛争に軍事介入し連合、オーブ、ザフト問わず
従わない者は無差別に攻撃し、戦場や戦局に混乱をもたらしてている。


全長:約350m

○艦首特装砲:『陽電子破城砲 ローエングリーン』x2
○主砲:『225cm2連装高エネルギー収束火線砲 ゴットフリート Mk71』x2
○副砲:『110cm単装リニアカノン バリアント Mk.8』x2
○対空機関砲:『75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン』x16
○艦尾:『2連装大型ミサイル発射管』x12
   ・『艦対艦ミサイル スレッジハマー』
   ・ 『対空防御ミサイル コリントスM114』
   ・『対空榴散弾頭 ウォンバット』
○艦橋後部:『ミサイル発射管』x16
   ・『対空防御ミサイル ヘルダート』
○爆雷:『アンチビーム爆雷』

艦載機:『ZGMF-X10A フリーダムガンダム』(キラ)
    『MBF-02 ストライクルージュガンダム』(カガリ)
    『MVF-M11C ヴァルフェルト専用ムラサメ』(バルフェルト)
    『MVF-M11C ムラサメ』(イケヤ、ニシザワ、ゴウ)

●ブリッジクルー
艦長:マリュ−・ラミアス
副艦長:アマギ一慰
操艦:アーノルド・ノイマン
電子戦担当:ダリダ・ローラハ・チャンドラ二世
通信管制:ミリアリア・ハウ

●メカニック
チーフ:コジロー・マ−ドック
    
posted by ギルバート・デュランダル at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ★種死艦船データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽天ダウンロード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。