mapion
Q88-31-1.gif ガンダマー・ドットコム
新着記事

2006年05月25日

MSデータ ストライクノワール

■ストライクノワール GAT-X105E(スヴェン・カル・バヤン)

 ストライクをベースにアクタイオン・インダストリー社にて
 機体の総合性能の向上措置が取られた、近接戦に特化したモビルスーツ。
 地球連合軍第81独立機動群、通称ファントムペインに配備されていた。
 ビームエッジ付の大型剣「MR-Q10フラガラック3ビームブレイド」
 のフラガラックとはケルト神話の太陽神ルーの持つ剣

全高:17.72m
重量:90.5t

●武装
○頭部:「M2M5トーデスシュレッケン 12.5ミリ自動近接防御火器」x2
○ビームライフル:「M8F−SB1 ビームライフルショーティー」
○リニアガン:「MAU-M3E4 2連装リニアガン」
○背部:「MR-Q10 フラガラック3 ビームブレイド」

●バックパック:フライト形態に変形
posted by ギルバート・デュランダル at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MSデータ ブルデュエル

■ブルデュエル GAT-X1022(ミューディー・ホルクロフト)

地球連合第81独立機動群、通称ファントムペイン所属の
特殊戦モビルスーツ小隊に配備されているMS。
デュエルガンダムに追加スラスター、追加武装を施した機体。

全高:16.89m
重量:84.24t

●武装
○頭部:「M2M5 トーデスシュレッケン 12.5ミリ自動近接防御火器」x2
○肩部:「Mk315 スティレット 投擲噴進対装甲貫入弾」 
○シールド内部:「M44 スコルピオン 機動レールガン」
○腕部:「M7G2 リトラクタブルビームガン」x2
○脚部サーベルラックアーマー:「ES05A ビームサーベル」x2
posted by ギルバート・デュランダル at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MSデータ ヴェルデバスター

■ヴェルデバスター GAT-X103AP (シャムス・コーザ)

地球連合第81独立機動群、通称ファントムペイン所属の
特殊戦モビルスーツ小隊に配備されているMS。
バスターガンダムに強化装甲、追加武装を施した機体。

全高:18.46m
重量:99.36t

●武装
○右肩部:「350ミリガンランチャー」
○左肩部:「94ミリ高エネルギービーム砲」
○肩部:「220ミリ多目的ミサイル6連装ポッド」x2
○腰部:「M9009B複合パヨネット装備型ビームライフル」
    「ビームライフル」x2→「サーベルモード」x2
     左右2本連結→「大型キャノン」
posted by ギルバート・デュランダル at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

MSデータ テスタメントガンダム

■テスタメントガンダム RGX-00

テスタメント(聖誓・制約の意味)
額に伊語で『DODICI』という12を意味するナンバーが刻まれている。
アーモリーワン周辺宙域にて稼働試験中のセカンドステージMSの
データ収集を行う為、2機のNダガーNを率いていた。
頭部の2本の長いアンテナが特徴。
MSや艦船などの量子コンピューターへコンピューターウィルスを
ミラージュコロイドを媒介にして送り込む特殊機能を有し
センサーや映像等を狂わせ姿を隠す事が出きる。
その為、肉眼による目視等でしか姿を確認できない
装甲は、PS装甲形態とVPS装甲形態の2形態有り、
PS装甲時のボディーカラーは白で、VPS装甲時は赤になっている。


全高:17.71m
重量:46.4t

製造:マティウス社

OS:GUNDAM TYPE

●武装
○『ビームハンドガン』x2
○『ビームサーベル』x2
○『75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン』
○『大型クローアーム』

●バックパック
トリセロス改 ディヴァインストライカー

●搭乗者:スカウト0984



posted by ギルバート・デュランダル at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

MSデータ フォビドゥンシリーズ

■水中機動試験機フォビドゥンブルー GAT-X255(ジェーン)

水中戦においてザフトに大きな差を付けられていた連合が
フォビドゥンガンダムを元に開発した試作MSで4機生産された。
試験、開発に関わったジェーン・ヒューストン自ら搭乗し
ザフト水中MS部隊と戦闘をし高い戦果を上げた。
耐圧構造をゲシュマイディッヒ・パンツァーのみに依存しており
理論上は無制限に潜航深度を増すことが可能だが、
深海でゲシュマイディッヒ・パンツァーが機能停止すると、
独立した耐圧殻を持たないので、水圧で機体が瞬時に圧壊する危険性があり
「フォビドゥン・コフィン(禁断の棺桶)」とテストパイロットからは呼ばれた。
その後、耐圧性を改善した「GAT-706S ディープフォビドゥン」が開発された。

全高:17.47m 
重量:不明

装甲:『エネルギー偏向装甲 ゲシュマイディッヒ・パンツァー』

●武装
○頭部:『75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン』x2
○腕部:『115mm機関砲 アルムフォイヤー』x2
○バックパック:『フォノンメーザー砲』
○バックパック:『スーパーキャビテーティング魚雷発射ポッド』×2
○耐圧用装甲アレイ部:『重刎首鎌 ニーズへグ』×4
○トライデント:『トライデント(三又槍)』

●パイロット
○ジェーン・ヒューストン


■フォビドゥンヴォーテクス GAT-707E

ディープフォビドゥンの技術をフィードバックして製造されたフォビドゥンブルー量産型。
ザフト側に寝返った一部の連合軍がヘブンズベース攻略戦で使用した。
posted by ギルバート・デュランダル at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

MAデータ エクザス

■ネオ・ロアノーク専用MA エグザス TS-MA4F

 

前大戦でメビウス・ゼロに搭載され、後にGAT-01A1「ダガー」の一部に採用された、
特殊オールレンジ攻撃兵器「ガンバレル」の発展型が搭載されている。
その攻撃力は高さはMAではあるが、複数の旧ザフトMS程度ならば引けを取らない強さである。

全長:20.11m
重量:45.39t

●武装」
○レールガン:『MAU-M3 2連装リニアガン』
○本体機関砲:『GAU-M2S 38.5mm機関砲』
○有線ポッド:『M16M-D4 ガンバレル』X4
○有線ポッドビーム砲:『GAU-868L2 2連装ビーム砲』
○有線ポッドビームカッター:『DE-RXM91Cフィールドエッジ ホーニッドムーン』
○ミサイルポッド:『M54アーチャー 4連装ミサイルランチャー』

●パイロット
○ネオ・ロアノーク(CV:子安武人)
posted by ギルバート・デュランダル at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

MSデータ ガイアガンダム

■ガイアガンダム ZGMF-X88S
 【大地】

 

型式番号の「X88」の10の位の「8」は四足獣形態、1の位の「8」は開発ナンバーを表す。
デュートリオンビーム送電システムを採用したザフト軍の
セカンドシリーズMSであったが連合軍にアモーリワンで強奪された。
地上での格闘戦に特化した四足獣型MAへの変形可能。
テストパイロットはザフトの赤服リーカ・シェダー。
L4プラント「アーモリーワン」で地球連合軍特殊部隊「ファントムペイン」のメンバーである
ステラ・ルーシェにより強奪され、以後、ステラの搭乗機となる。
ロドニアの強化人間研究所を調査中のミネルバに対し、ブロックワードによる暴走状態に陥った
ステラはガイア単機で攻撃を仕掛け、シンのインパルスに撃墜されてしまう。
ステラは、そのままシンによって拉致され捕虜となり、ガイアもミネルバに回収される。

全高:17.8m
重量:69.85t

●武装
○装甲:ヴァリアブルフェィズシフト装甲
○頭部機関砲:『MMI-GAU25A 20mmCIWS』x2
○背部ビーム砲:『MA-81R ビーム突撃砲』x2
○背部機関砲:『MMI-GAU1717 12.5mm機関砲』
○背部ビームカッター:『MR-Q17Xグリフォン2 ビームブレイド』x2
○ビームサーベル:『MA-M941ヴァジュラ ビームサーベル』x2
○ビームライフル:『MA-BAR71XE 高エネルギービームライフル』
○シールド:『MMI-RS1 機動防盾』

●パイロット
○リーカ・シェダー
○ステラ・ルーシェ(CV:桑島法子)
posted by ギルバート・デュランダル at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MSデータ アビスガンダム

■アビスガンダム ZGMF-X31S
 【深淵】

 

型式番号の「X31」の「3」は水中タイプ、「1」は開発ナンバーを表す 
デュートリオンビーム送電システムを採用したザフト軍の
セカンドシリーズMSであったが連合軍にアモーリワンで強奪された。
多様な局面にに対応できる武装を持ち、水中戦用MAへの変形も可能。
テストパイロットはザフト水中部隊所属のマーレ・ストロード。
アウルのブロックワードである「母」という言葉ににふさわしく
最後は母なる海に帰って行った。

全高:17.84m
重量:92.39t

●武装
○頭部機関砲: 『MMI-GAU1717 12.5mmCIWS』x4
○胸部機関砲:『 MMI-GAU25A 20mmCIWS』x2
○胸部ビーム砲: 『MGX-2235カリドゥス 複相ビーム砲』
○肩部シールド魚雷:『 MMI-TT101Mk9 高速誘導魚雷』x4
○肩部シールド砲:『 M68 連装砲』x2
○肩部シールド内ビーム砲:『 MA-X223E 3連装ビーム砲』x2
○肩部シールド内レールガン:『 MMI-M15Eクスフィアス改 レールガン』
○ビームランス: 『MX-RQB516 ビームランス』

●パイロット
○マーレ・ストロード
○ アウル・ニーダ(CV:森田成一)
posted by ギルバート・デュランダル at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MSデータ カオスシリーズ

■カオスガンダム ZGMF-X24S
 【混沌】

 

型式番号の「X24」の「2」は航空タイプ、「4」は開発ナンバー
「S」は「Second Stage」を表す。
デュートリオンビーム送電システムを採用したザフト軍の
セカンドシリーズMSであったが連合軍にアモーリワンで強奪された。
強襲型の機体で巨大クローや強力な火器を多数装備しており
宇宙戦闘用のMAに変形可能。
機動兵装ポッドはドラグーンシステムを改良したもので
ある程度の能力を持った一般兵でも使用可能な上
重力下では内臓ブースターで飛行をも可能としている。
テストパイロットはザフトのコートニー・ヒエロニムス。
強化人間スティングはオーブの一般兵の駆るムラサメ部隊にあっけなく落され
「MSの性能だけで強さが決まる訳じゃねぇ」と言う自らの言葉を証明した。

全高:17.43m
重量:91.61t

●武装
○装甲:ヴァリアブルフェィズシフト装甲
○頭部機関砲:『MMI-GAU1717 12.5mmCIWS』x4
○胸部機関砲:『MMI-GAU25A 20mmCIWS』x2
○ビームサーベル:『MA-M941ヴァジュラ ビームサーベル』x2
○背部ビーム砲:『MGX-2235Bカリドゥス改 複相ビーム砲』
○両肩兵装ポッド:『EQFU-5X 機動兵装ポッド』x2
○兵装ポッドビーム砲:『MA-81R ビーム突撃砲』
○兵装ポッドミサイル:『AGM141ファイヤーフライ 誘導ミサイル』
○脚部ビームクロウ:『MA-XM434 ビームクロウ』x2
○ビームライフル:『MA-BAR721 高エネルギービームライフル』
○シールド:『MMI-RG30 巡航機動防盾』
○シールド機関砲:『MMI-GAU2ピクウス 76mm機関砲』x2

●パイロット
○コートニー・ヒエロニムス
○スティング・オークレー(CV:諏訪部順一)


■プロトカオス XMF-P192

カオスガンダム開発の為に造られた試作MA。
posted by ギルバート・デュランダル at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

MAデータ びっくりどっきりメカシリーズ

■ザムザザー YMAF-X6BD 

地球連合軍の超大型重砲撃試作ザクレロもどきMA。
地上でも宇宙でも運用が可能になっている。
開発はアドゥカーフ・メカノインダストリー。
指揮官と操縦手、砲手の3人のクルーで操縦する。
格闘形態と砲撃形態に戦闘状況に応じて変形が可能である。
爪や大型ビーム砲などその攻撃力は凄まじく、陽電子リフレクターを装備し
攻守共に圧倒的な戦闘力を有するがインパルスのサーベルであっけなくやられた。

全高:47.13m
重量:526.45t

●武装
○脚部機関砲:『75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン』x16
○脚部エネルギー砲:『複列位相エネルギー砲 M534ガムザートフ』x4
○脚部ビーム砲:『GAU111単装砲』x4
○本体ビーム砲:『Mk79低圧砲』x4
○腕部クロー:『超振動クラッシャー XM518ヴァシリエフ』x4
○ビームシールド:『陽電子リフレクター』


■ゲルズゲー YMAG-X7F

地球連合軍の新型MA。
開発はザムザザーと同じアドゥカーフ・メカノインダストリー。
乗員数は3名。
上半身は兵装ポッド兼センサーとして旧式化したストライクダガーを流用し
下半身は攻撃用の前足2本と歩行用の後ろ足4本が生えた多脚型のMAである。
機体低部のメインスラスターにより飛行も短時間だが可能。
ザムザザーと同じく陽電子リフレクターを装備している。
ガナルハンのローエングリン砲台でその防御力の高さから警護に使用され、
月基地の防衛にも多数投入されている。

全高:27.27m(脚部収納時22.60m)
重量:217.23t

●武装
○機関砲:『75mm対空自動バルカン砲塔システム イーゲルシュテルン』
○兵装ポッドビームライフル:『M7045/F7 ビームライフル』x2
○ビーム砲:『GMA628 ビーム砲』x2
○後部機関砲:『Mk61 2連装125mm滑腔砲』
○前腕部クロー: 正式名称不明
○ビームシールド:『陽電子リフレクター』


■ユークリッド

連合がヘブンズベースや月基地の拠点防衛用に多数配備していたた大型MA。
地上と宇宙での運用可で、地上ではホバーで移動する。
腕や足などはなく、格闘戦用の武装も装備されていない。
巨大ビーム砲を装備し、左右の釣鐘状の部分は上部が展開し反射兵器となる。

全長:54.08m
全高:23.26m

●武装
○『7連装ガドリング機関砲』×2
○『M551 52mm 7連装ガドリング機関砲』
○『大型ビーム砲』×2
○『高エネルギービーム砲 M464 デグチャレフ』
○『陽電子リフレクタービームシールド』
○『シュナイドシュッツ SX1021』


posted by ギルバート・デュランダル at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ★地球連合MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽天ダウンロード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。